FC2ブログ

2020年は己亥(つちのとい)の年です。

亥は猪肉の栄養価が高く、病気予防になることから、無病息災の象徴、も同様の意味があり、また目標に向かって猛進して行く人を助ける「火の神の化身」とされているそうです。
つまり内部の充実を心がけると良い年とのこと。

また亥年に地震が多いといわれていわれています。1923年関東大震災、1983年日本海中部地震、三宅島噴火、
1995年阪神大震災、2007年新潟県中越沖地震等々、災害への備えも必要ですね!

来る2019年が、平穏で幸せな年であってほしいと願うばかりです。

イチョウ並木の秋から冬に

街中の街路樹も、イチョウ並木がひときわ美しいこの頃。
歩道を歩くと銀杏の実が目につきます。
「日本の秋は、ほんとうに美しい・・・」と外国から訪れた人が話すのも、納得です。

その秋も終わり、明日から12月。師走です。
師も走る月・・・、忙しい年末になりますが、体調に気をつけて乗り切ってください。





花園

コスモス2
自宅から車で20~30分で行けるコスモス園があります。
見ごろになると、広大な敷地に白、赤、ピンク色のコスモスが一面に広がりまさに花園のようです。

ハウステンボス(第32回バス旅倶楽部 長崎コ-ス)
では、大胡蝶蘭展やチュ-リップ祭りが開催されます。どんな世界が見られるのでしょうか?
お花をみると幸せな気分になりますよ・・・・

42回世界オセロ選手権で小学生優勝!

 大人も参戦の世界オセロ大会で、なんと11歳日本人の男の子が優勝。
小学5年生の福地啓介くん。
それもスゴイことですが、さらに、ドイツから帰りの飛行機の機長が
30数年前のその最年少優勝者だった・・・との事。
30数年前の最年少優勝者15歳の谷田機長と、その記録を塗り替えた11歳の福地くん。
どちらもすごいですね~


『佐賀七賢人』

10月に入り、すっかり秋らしくなってきましたね

江戸時代から日本の国家建設に力を発揮した偉人を
「佐賀七賢人」といいます。(一番有名なのは、大隈重信でしょうか・・)
その中の一人が「佐野常民」、
日本赤十字社の創設者で、三重津海軍所の監督を務めた人です。
「佐野常民」の功績を知ると”偉人”といわれるのがわかりますよ。
【佐野常民記念館】(第32回バス旅倶楽部 佐賀コ-ス)へ
足を運んでみてはいかがでしょうか・・
プロフィール

企画委員

Author:企画委員
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
バス旅ツアー好評受付中
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スライドショー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR